• TOP
  • お知らせ一覧
  • 【次亜塩素酸水】新型コロナウイルスの変異株に対して不活化活性を示すことが確認されました

お知らせ詳細

【次亜塩素酸水】新型コロナウイルスの変異株に対して不活化活性を示すことが確認されました

一般社団法人日本電解水協会と国立大学法人帯広畜産大学の共同研究により、

次亜塩素酸水(電解型)が新型コロナウイルイスの変異株(4種類)全てに対して不活化活性することが確認されました。
※変異株4種類:アルファ株/ベータ株/ガンマ株/デルタ株

 

研究結果など詳細については、一般社団法人日本電解水協会のサイト(こちら)をご覧ください。

 

なお、当社の電解水関連商品はこちらです。

 

電解水関連商品についてのお問い合わせ・・・こちら

 

 

 

新着情報一覧に戻る

お問い合わせはこちらから

tel:0234253518 メールでのお問い合わせ